三井ショッピングパーク LaLaport Koshien ららぽーと甲子園スタッフブログ › ■カルチャー › 私のマンガ大賞 2013版!!(前編)

2013年01月24日

私のマンガ大賞 2013版!!(前編)

足あとショーくん足あとです。

皆様は「このマンガがすごい」や「マンガ大賞」をご存知でしょうか?
毎年一年間で面白いと思ったマンガを選考委員の方が選んで
発表します祝

「このマンガがすごい!」は出版社の宝島社が実施しており、「マンガ大賞」は
各書店のマンガ担当者などの有志で構成されるマンガ大賞実行委員会に
よって主催されていますシルクハット
2012年12月には「このマンガがすごい!2013」が既に発表されており
『旭屋書店』さんでは特設コーナーが設置されております目
※「マンガ大賞2013版」は3月下旬に発表予定です。

本日は、僭越ながら足あとショーくん足あとの独断と偏見による
「私のマンガ大賞 2013版!!」を発表したいと思います警察
なお、この企画は前編と後編に分けて発表します。

青年男子向けマンガ1位・・・・。

「ドリフターズ」平野耕太
歴史上の有名な武将・軍人が現実とは違う異世界に送り込まれ
それぞれの能力を発揮し、人類滅亡をたくらむ黒王軍と戦っていく
というストーリーです。

歴史上の武将や軍人が大活躍するという、まさに男子向けのマンガですが
ある程度の歴史上の人物に対する知識がないと、ピンとこないと思い青年男子向け
マンガ1位としましたチョキ
この作者は、前作でもそうでしたが、セリフがカッコイイです。
キャラクターも魅力的なキャラクターばかりで、何度読んでも飽きませんビックリ
ちなみに2009年に連載開始しているのですが、単行本がたった2巻までしか
出ていないという、平野氏のマイペースぶりにも脱帽です警察

続いて少年向けマンガ1位・・・。

「暗殺教室」松井優征
進学校の落ちこぼれ組である3年E組に、タコ型の謎の生物がやって来ます。
謎の生物はマッハ20で空を飛び、月の7割を破壊してしまう危険な生物。
謎の生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」事を宣言
しました。
そして、3年E組の担任教師となる事を希望し、生徒たちとの暗殺ライフを
送るという内容です。

題名にインパクトがあり設定がシュールですが、読んでみると笑ったり
涙したりと非常に濃厚な内容です。
2012年に連載開始し、あっという間に「週刊少年ジャンプ」の看板マンガの
一つになりました。

『旭屋書店』さんには「暗殺教室」特設コーナーもあります。

大人女子向けマンガ1位・・・。

「きょうは会社休みます」藤村真理
「このマンガがスゴイ!2013」(オンナ編)で第3位でした。
足あとショーくん足あとは少女マンガをそれほど好きではないのですが
知り合いに勧められて読んだところ、どっぷりハマってしまいました。

内容は、これまでの人生で一度も彼氏ができたことがないOLの主人公が
33歳の誕生日を迎え悲嘆していたところ、会社のアルバイト男子
と酒を飲み、酔った勢いでアルバイト男子と付き合うことになりました。
主人公の初々しい恋愛描写が微笑ましいです。


新人賞・・・・。

「式の前日」穂積
このマンガも「このマンガがすごい! 2013」(オンナ編)で第2でした。
2010年にデビューした作者の読切り短編集で、ストーリーは
双子の兄弟、ワケありの親子、結婚をひかえた男と女などの日常を
温かく、時には少し不思議に描いています。
日常をちょっと違う角度から切り取るストーリが好きな足あとショーくん足あと
とっては、まさにストライクなストーリです。
穂積さんが現在連載している「さよならソルシエ」も非常に面白いです。
作者の抜群のセンスで、今後も面白いマンガを作りだしてほしいと思い新人賞
とさせていただきました警察

後編に続く・・・・。


足あとショーくん足あと



■旭屋書店
 2F/リバーウォークモール
 http://www.lalaport-koshien.com/shoplist/sl_092.html


同じカテゴリー(■カルチャー)の記事画像
久々ライブ!
敬老の日の贈り物
まだ暑いですが、外に出てみてください。
ガチャガチャがたくさん!
マッサージバー!
七夕短冊奉納のご報告☆ミ
同じカテゴリー(■カルチャー)の記事
 久々ライブ! (2015-02-27 20:14)
 敬老の日の贈り物 (2014-09-14 13:51)
 まだ暑いですが、外に出てみてください。 (2014-08-27 18:30)
 ガチャガチャがたくさん! (2014-08-02 21:35)
 マッサージバー! (2014-07-28 16:44)
 七夕短冊奉納のご報告☆ミ (2014-07-26 17:14)

Posted by ららぽーと甲子園 at 21:15 │■カルチャー